2017年10月19日

大腸検査してきました

二日続けて血便があったため胃腸内科を受診したところ

直ぐに大腸検査が決まってしまいました

その検査を10月16日に行ってきましたよ

その前日は3食 病院から渡された検査食です

朝は雑炊に味噌汁

昼はお粥に豆腐ハンバーグと味噌汁

夜はスープのみ
https://www.glico.com/jp/product/food_curry/kensasyoku/

間食はさすがグリコが作っているエニマクリン(検査食)
「ビスコ」でした

それぞれの食事の後 水に20滴くらい垂らして下剤を飲むのですが

これは全然効き目無しでした

19時に夜の食事を終えて1時間ほどすると

今回最大のミッションが待ち受けていました

20時から飲むよう指示のあった「ニフレック」という下剤だ

これは、経口腸管洗浄剤と呼ばれる粉末状のもので

2リットルの水で溶かし 服用の説明してくれたスタッフの方が

前日くらいに作って冷蔵庫に入れておくと飲みやすいよ

言っていました そう それは「まずい」と言う事なんだろう

これをコップ一杯を10分から15分かけて1.5リットル飲むのです

恐る恐る1杯目を飲んでみる

そんなに「まずい」とは思わないが

好んでは飲まないだろう・・・くらいでした

飲み続けて1リットル辺りから便意があると書いてあります

確かに ありました

そこからトイレに7回くらい駆け込み

それでも飲み続け・・1350mlでギヴアップ

もう 飲めません

便は無色に近くなったから「よし」としようと言う事で就寝

検査当日は11時までは少量の水かお茶なら大丈夫

12時半に病院に来るようにと言われたので来院

ロッカーで検査着に着替えるようにと言われ

着替えるのですが ズボンはお尻が丸くあいているので

いよいよ って感じになりました

着替えてベッドで寝ていると

「浣腸」をしますと言われ「終わったらトイレで出してきてくださいね」

そして いよいよ部屋を移動して検査です

ファイバーの挿入はさほど抵抗もなく

ファイバーの進行をモニターを見ながら横になっているだけです

30センチ程進んだところで

第1村人発見!!

更に進んで行くと先生が悩み出します

どうやら聞いていると腸がねじれていて

中々ファイバーが進まないみたいです

「ううう 私の性格と一緒かぁ」と心で叫んでいました

と その後 ねじれた腸の中をファイバーが進むので

お腹に激痛が 思わず苦悶の表情に・・・

先生と看護師さんから「大丈夫?」と何度も聞かれ

「痛いです!!」と叫んでいました

看護師さんがお腹を押さえてファイバーの侵入を補助します

暫くすると

「盲腸の所までたどり着いたよ ここで終わり・・・

あるねぇ」

第2村人発見!!

写真を何枚か撮りファイバーの撤収です

ファイバーの撤収は痛みも無く無事に検査終了です

検査後「両方とも悪い顔はしていないけれど 切っておこうね」

と 市民病院に紹介状を出して頂きました

大腸検査.jpg
posted by なっす〜 at 10:21| 平凡な諸々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする